【DIY】汚れた玄関床に、床材シートを貼って高級仕様に!

玄関床シート張替え前後 DIY

知り合いの部屋の修繕を手伝っています。
玄関床が汚れていてキレイにならないため、床材用シートを貼って新規一転しました。
落ち着いたタイル調で高級感があるのがいい感じです。

この記事は、こんな方におすすめです。

・玄関床が汚れていてどうにかしたい

・玄関土間の床をリニューアルしたい

・床フロア材を貼った場合のイメージを見たい
・DIYの注意点や失敗を知りたい

作業難易度普通、ちょっとコツがいる
道具・カッターナイフ(100均)
強力万能はさみ(あれば便利)
クッションフロアカッター(あれば便利)
用意するもの・カット可能な床材
・両面テープ
作業目安2時間
費用\3000(道具代は別)

今貼ってある床材のシートははがさずに、その上に貼り付けしました。
また、貼り付けには粘着テープを使っています。
理由は、床材シートをはがす手間をおしんだのと、ネットで調べて粘着テープで大丈夫だろうと判断したためです。

玄関に貼る床材シートの調達

玄関土間の床に貼るマットシートは、
明和グラビア 「屋内外兼用床材 どこでもフロア」IOF-21 タイルベージュ
を選びました。
下の写真は同じシリーズのものですが、その真ん中の分です。
お値段は10cmあたりの値段です。

明和グラビア 「屋内外兼用床材 どこでもフロア」IOF-21 タイルベージュ
ホームセンターではロールで売っている。いずれも同じシリーズの床材シート

ホームセンターでいろいろな種類を見た中で、気に入ってこれを購入しました。
上の写真では真ん中の商品です。
良いと思ったポイントです。

・タイル調でおしゃれ!
・屋外でも使用できる。
・重さと厚みがありしっかりしていて、裏面に防水シート的なもの貼ってある。
 クッションフロアより全然強度が強く、ヒールなどで踏んも大丈夫そう。
・安い。見た目と丈夫感に対するコストパフォーマンスがよい。

正直、この床面の高級感でこの値段であれば、とても安いと思いました。
失敗してもいいぐらいの気持ちでできました。

シートの厚みは約2mmです。
クッションフロアと違い、しずみこみはほとんどなく固いシートです。

明和グラビア 「屋内外兼用床材 どこでもフロア」IOF-21 タイルベージュの厚さ

シートの切れ端を曲げたところです。
3層構造になっているとのことで、裏面には滑り止めの模様がついています。
 表面:塩化ビニル樹脂
 中間層:特殊ガラス繊維
 裏面:塩化ビニル樹脂

明和グラビア 「屋内外兼用床材 どこでもフロア」IOF-21 タイルベージュの切れ端を曲げたところ

タイル調シートの貼り付け

もとの床の状態

もとの玄関土間の床は下の写真の状態でした。
汚れが目立って、掃除しても取れない状態です。

元々の玄関床
汚れが目立ちとれない状態

今回はもともと貼ってあるフロアシートははがさず、そのまま上に貼ることにしました。
後工程のため、念入りに表面は掃除しました。
掃除しても、表面の汚れは全くとれず・・・

床材を仮置きする

玄関床に一旦シートを置いてみます。
これだけでも雰囲気が変わっていい感じです!
ここではわせてる玄関奥行きは100cmぐらい、幅は91cmのシートで右側30cm程度が足りてない状態です。

明和グラビア 「屋内外兼用床材 どこでもフロア」IOF-21 タイルベージュを仮置きした状態
床材シートを仮置きしたところ

ここからは床面に合わすために切っていきます。
私のやり方は、下のやりかたで切りました。
 ①大きな部分は、ハサミでざっくり切る
 ②細かいところは角でカッターで切断


はさみは通常のもので切るのは難しい硬さのため、カーペットも難なく切断できる強力ばさみを使用しました。

床材シートをさくさく切れる強力はさみ
シート切断に使用した強力はさみ

30cmほど幅が足りない部分も、切って合わしていきます
この部分の細かい切断は、カッターと金属板(金属の定規でもOK)を使用しました。

床材シートを切ってはめ込んでいくところ

角を切るに使用したステンレスの定規です。
これをシートに押し当てて、すこしづつカッターで切っていきました。
カッターは100均のもので切れましたが、刃を折って新しい刃で切るようにしました。

床材シート切断に使ったステンレスの定規

最後の隅っこは壁面がデコボコがあるため、紙で一旦かたどりした分を床材に書き写して、カッターで切っていきました。

壁のでこぼこに合わせ床材シートを合わせるところ

切り合わせた部分はタイル模様があってませんが、玄関靴箱を置いて隠れる予定なので、この程度でよいかと妥協してます。

床材の貼り付けをする

ごみをとって、表面をきれいにした元の床に、両面テープを張っていきます。
外側とよく通る真ん中を重点的に、加えて床シートの貼り合わせ部分に両面テープを貼りました。
両面テープは幅が広めのもので、ホームセンターで売っている一般用を利用しました。

床材シートを貼るために両面テープを貼り付け
元の床材の上に両面テープを貼り付け

あらかじめ切っていた床材フロアシートを粘着テープの上に置いていきます。
上から圧をかけて、しっかりくっつくように押さえました。

明和グラビア 「屋内外兼用床材 どこでもフロア」IOF-21 タイルベージュを敷き詰めたところs
新しい床材シートに交換後

おしゃれないい感じになりました!

まとめ

DIYで玄関床の張替えができました。
自分でする作業を通してポイントです。

・使用した屋外兼用床材は、シートがしっかりしていて安心。
高級感と落ち着きがでて、とてもよい!(自画自賛)
・長いシートの取り回しが難しいため、万能はさみで大まかに切断することで楽になった。
・万能はさみが使いやすい。
 力が強くサクサク切れ、刃が角度がついているので固いシートを切り進めやすい。

一方、作業の難しかったところや、こうしておけばよかったところです。

・シートが固くて取り回しが大変。
シートを壁の隅に合わせてカッターで切るのが難しい
 これについては、クッションフロア用カッターを準備すればよかった。
・壁際の複雑な形に合わせて切るのが難しい。

次回するときは、クッションフロアカッターを試してみたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました