【DIY】簡単・安全・場所いらず。自作の懸垂バーを作ってみる

DIYで懸垂バーを自作する DIY

自宅に懸垂バーをDIYで取り付けています。

健康を兼ねて懸垂やぶら下がりができる環境を整えたい。
でも飽きっぽいので、どんだけ使うかわからない。

本格的なぶら下がり健康器はスペースを取られすぎるので置く場所ないし、突っ張り棒タイプのもずれるなどの評価もまじっていて、買うのはちょっとためらう。
器具はなんかゴツくて部屋のイメージと合わないし、やっぱりじゃま・・・

という訳で、やっぱり自作がいいかと作ってみました。
実際に作ったのは7~8年前ですが、今でも問題なく使えています。

この記事は、こんな方におすすめです。

・懸垂バーを自作したい。
・強度は保ちつつ、木材の風合いで作りたい。

・市販の懸垂バーでは、使用面や意図せず子供に使われたりと不安がある

作業難易度まあまあ簡単
道具・ドリルドライバ
・ホールソー(直径32mm)
・のこぎり
・水平器(あれば便利)
・下地探しどこ太/下地センサー(あれば便利)
作業目安約2時間
用意するもの・丸棒(直径32mm×740mmぐらい)
・2×4材(150mmぐらい)…2本
・1×4材(100mmぐらい)…2本
・100均のスポンジクッション
・ネジorコーススレッド
費用\2,000

狭い壁の間を通すつもりで、900mmぐらいの長さの木の丸棒の強度を、ホームセンターで確かめました。
私は体重が軽めなので、32mmの太さので大丈夫と判断しました。
実際使ってみて、しなりはなく、不安感はありません。

強度が心配な方は、もう少し太いサイズのを使うか、ステンレスパイプを使うのもよいと思います。
私は木材の風合いが好きなので、木の棒にしました。
ステンレスパイプで木の感じにしたい場合は、木目調シートを上から貼る方法もあります。
こちらのページをご参照ください。
ただ、手づかみする懸垂棒には木目調シートはあまり向いてないかもしれません。

木の棒の太さ。32mm

懸垂バーを作る

設置場所をきめる

まず設置場所を決めます。
必ず下地の木材が入っている場所に取り付けする必要があります。

今回はドアのすぐそば+部屋の角を橋渡しすることにしましたので、柱が通っている場所になります。
念のため、下地センサーや、下地どこ太で確認しましたが、問題ありませんでした。

懸垂バーをつくってみる

1×4材を約15cm、2×4材を約20cmほど2セットを切り出します。
2×4材で棒をうけるため、ホールソーを使って穴をあけ、のこぎりで穴までつなげます。

ホールソーは100均のダイソーのものを、ドリルドライバにつけて穴をあけました。
100均ありがとう!

2x4を穴あけ、切り出し

次にこの2×4材を、壁に固定する1×4材にねじで打ち込みます。
2×4材を直接壁に固定してもよいのですが、ねじがかなり長いものが必要となるのと、1×4をかますことで棒の長さも少し短くできるので、強度的にもメリットがあると考えました。

受け手どうしを結合

最後に壁にねじで固定します。
自分のちょうどいい高さで片方を固定し、そのあと水準器で水平をとりながらもう片方も固定します。

受け手を壁にうちこみ

この水平をとる作業は、丸棒を使うと重いですし、この時点ではまだ丸棒の長さを現物合わせできていない段階のため、調整しにくいです。
この場合、つっぱり棒を使って調整すると少し楽です。棒を切断する長さもわかります。

突っ張り棒を仮置きして長さを測る
棒の受けてを壁に固定

両方の受け手が壁に固定できれば、丸棒の長さがわかりますので、丸棒を切断します。
わが家の場合、約74cmで切断しました。
ピッタリ部材の奥までくっつく長さでなくてもよいですが、あまりかかりが少ないと危ないです。
少なくとも、動いても落ちない長さにします。

懸垂バーの長さ

上の写真でも端につけていますが、クッションかゴム的なものを、棒と受け手の間にかまします。
これにより、重さをかけても棒が動いたり回ったりすることがなくなります。

また、手垢で汚れるのを防ぐため懸垂バーに水性ニスを塗っています。

まとめ

ぶら下がって懸垂しても、しっかりしててしなる感じはありません。
私は体重が軽めなので、人によっては太さを調整したほうが良いかもしれません。

ぶら下がり健康器の完成

通りすがりに少しぶら下がったり、子供がぶら下がったり楽しめます。
市販のつっぱったり引っかけたりするタイプでは、子供が目を離したときに使われると心配もありますが、しっかり固定されているので安心できます
見た目も木目のドアと合っていて違和感がありません。

設置してから7、8年たっていますが、特に問題なく使えています。
と言いながら、実は使用頻度は月に数回、ひどいときは数か月使わない状態なんですが・・・

前向きに考えると、市販のものを買わなくてよかった。。。
目的変わってますが、洗濯物も引っかけれるし・・・便利ですよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

DIY
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ほんわからいふ

コメント

タイトルとURLをコピーしました